光ケーブル延線

私は電気通信工事士という職業に勤めており、光回線の接続を行ったりしております。
近年はインターネットもスピードの時代となっており、このような需要はとても多くあります。
地方にも多くの光ケーブルが通るようになってきており、自営柱を立ててケーブルを延線することも私は行っております。
このような外での作業の仕事はとても暑さ寒さに強くならないとできないため、体が強くなっていきます。
ケーブルを延線する際には電柱に登って電柱に引き留めを行わないとならず、高所恐怖症の人は慣れるまでに時間がかかります。
私も初めて電柱に登った時にはとても恐怖で命綱を信用する事がなかなかできず、電柱のボルトから手を離すことがなかなかできませんでした。
しかし、現在は手を離して自由に電柱上で融着などの作業ができるようになりました。
光の接続の際にはケーブル心線の収納がとても難しくなっております。
心線は細く折れやすく繊細なのでよりがないように収納しないといけません。
http://www.lepetitprincebilingualschool.com/