住宅ローンの借り換えを検討するタイミングとは?

住宅ローンの借り換えは金利負担が軽減されるメリットがある可能性はあるものの、手続きなどが面倒で銀行に相談する決心ができない人が少なくありません。
実際に相談してみると考えていたほど面倒なことではないのですが、真剣に検討するタイミングがありません。
その点では銀行が実施している土日の相談会は有効です。
平日は仕事が忙しくて相談する機会がない人も土日であればゆっくり相談することもできます。
このような相談会はここ10年くらいで定着してきました。
都心の店舗では月に1回程度の開催ですが、住宅地の店舗では毎週のように実施しています。
案内のチラシやポスターを見て、土日に銀行へ行ってみることで、住宅ローンの借り換えを真面目に検討するようになったという人が多いのです。
既存の借入の返済予定表を持参すれば、簡単に試算してもらえます。
諸費用を含めてもメリットが出るようであれば、借り換えを行って利息の負担を軽減したいものです。
住宅ローン借り換え審査研究一覧